体験入学お申込み

体験入学学校からのお知らせ

体験入学

学校からのお知らせ

体験入学学校からのお知らせ

第6回体験入学を実施しました。

9月28日() 第6回体験入学を実施しました。

 

調理高等科では、管理栄養士の坪田先生による、

「ハレの日、ケの日をThinking!」をテーマに食育教室を開きました。

今年は、5月から元号も「令和」に変わり、「お赤飯でお祝いCooking」ということで、

日本料理の「※ハレ」をメインに勉強していきました!

 

 

 モニターやお守りなど坪田先生ゆかりの教材を使った説明はわかりやすく、

今までの実習とは、ひと味違う新鮮さがありました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 お赤飯にも“ご当地”感があって、おもしろかったですね!

 

続いて、本校調理科長の宮川先生とバトンタッチをして筑前煮のデモンストレーションです。

 この筑前煮の起源は、(諸説ありますが)豊臣秀吉の朝鮮出兵の時代にさかのぼる、という歴史ある一品。

彼が当時、「羽柴筑前守秀吉(はしば ちくぜんのかみ ひでよし)」と名乗っていたことにも

何かつながりがあるように感じます。

 

 いよいよお赤飯と筑前煮と鮭の塩こうじ焼きを作ります。

 デモンストレーションの手順を思い出しながら、みんなで頑張ります。

グループの先輩から間近で、野菜の切り方を習います。

ふっくら蒸しあがり、香りも立ち、おいしそうです!

 

見栄えのある“ハレ”の料理が完成!

 

  

「食育」と聞くと、少しお堅く聞こえて緊張してしまった人もいたかもしれませんが、

いかがでしたか?

 総評では、坪田先生から「みんなが集中して、目を輝かせながら授業を聞いた成果もあって、

おいしい料理ができました」という言葉をいただけました。皆さん、よく頑張りました!

 ———————————————————————————————————————-

  

情報高等科では、パソコンの組み立てに挑戦です。

講師は、情報高等科の長井先生です。

  

 今回はいつものパソコン室ではなく、1年生が使っている教室で行いました。

パソコンが壊れる原因の解説、家電量販店などのPC売り場で書かれている

表記から性能の良し悪しついて、実際のパソコン(デスクトップ型)に

組み込まれているパーツを見せながら、実習スタートです。

 

参加者の中には、パソコンの組み立てに挑戦したことがある、という強者も…

 

 

時には、指の届きにくいところに線がつながったりして、つなぐのが大変だったり、

  

 

パーツ同士のかみ合わせがうまくいかなかったりで大変でしたが、

  

 

ふたを閉じるところまで、全員が完成にたどり着きました。

 

 

——————————————————————————————————

今回も体験入学にご参加いただき、ありがとうございました。

引き続き、体験入学で皆さまをお待ちしております。

次回の体験入学は10月5日(土)です。

調理高等科:目指せ、点心師! ~中華の定番 シュウマイと春巻きを作ろう~

情報高等科:”動く”4コマを作ろう! ~起承転結で動き出す想い~

ご応募お待ちしております。

—————+————————————————————————————-
過去の体験入学実施レポートはこちらへ

 

※ 「ハレ」には天気だけでなく、気持ちや現象を表す意味も含まれていて、

古代日本では神々を祀る祭礼や年中行事(つまり、非日常)を指すことが多いです。

 一方で、「ケ」には普段通りの日常という意味があります。

この「ケ」が溜まっていくと、やがて「ケガレ」となることがあります。

そこで、リフレッシュ(すなわち、ハレ)によって「ケ」に戻る、という

「メリハリ」によって私たちの生活は成り立っています。

ページトップ