理事長挨拶

理事長挨拶

学校法人野田鎌田学園は生徒の「やってみたい」というチャレンジ精神を大切にし、それを教育理念として継承しています。

現在は

  • 専門学校野田鎌田学園
  • 野田鎌田学園杉並高等専修学校
  • あずさ第一高等学校

の3つの学校を設置しています。

 専門学校野田鎌田学園、野田鎌田学園杉並高等専修学校では調理高等科と情報高等科を設置し、調理やパソコンに対する「やってみたい」からはじまる興味を、職業にしたいという夢に成長させるような授業を実践しています。授業を通じて、得た技能や知識をもとに在学中に様々な資格を取得できるようになるだけではなく、社会人・職業人に求められる一般常識やマナー、気配り、協調性などもしっかりと身につけます。

 また全国の高校生がスイーツの腕前を競うスイーツ甲子園では過去数回全国大会に進出し、準優勝や審査員特別賞を獲得、さらに平成25年4月には130.68メートルのロールケーキ作りに挑戦してギネス世界記録を更新するなど、自由な校風の中で夢に近づき、個性を伸ばせる学校生活を楽しんでいます。

 あずさ第一高等学校では

  1. 温かみあふれる「対面教育」
  2. 一人ひとりを伸ばす「個性教育」
  3. 仲間と共に育てる「社会教育」

を実践しています。

生徒は自分のペースに合わせた「学習スタイル」を選べ、また生徒自身が好きなことや興味のあることを深堀りして学ぶ「オリジナルコース」やキャンパスごとに「楽しく学べて、ためになる」、生徒の「やってみたい」を応援する「スペシャル授業」を実施しています。

このように個性と自由を尊重し、自分のスタイルで高校生活を楽しめる新しい通信制高校を目指しています。

学校法人 野田鎌田学園は昭和14年の開校以来、社会に貢献する職業人の育成を目的としてきましたが、生徒の「やってみたい」というチャレンジ精神を大切にする教育理念は、脈々と受け継がれています。
野田鎌田学園だからできる生徒の「やってみたい」を実現させる校風が、生徒たちの自信や前に進む力を生み出しています。

ページトップ